そういえば、これもりんご7976のお菓子でした!

りんごのお菓子といえば何を思い浮かべますか?すぐに思い浮かぶのはアップルパイ・タルトタタンあたりでしょうか。それ以外にも焼いたりんごにシナモンをかけたものや、ジャム・ピューレ等に加工して使うお菓子もたくさんあります。 そして縁日の屋台で見かける「りんご飴」。りんごに飴を絡ませただけというシンプルなものですが立派なお菓子です。じつはこのりんご飴、欧米をはじめとした海外でも食されており、海外発祥のお菓子です。海外のりんご飴は飴の代わりにキャラメルを絡ませたり、色とりどりのトッピングがされていたりと日本の素朴なりんご飴とは少し違うようですが、その愛らしい姿で世界中の人々に親しまれています。 しかしりんご飴はベタベタして食べ辛いと感じる人も多いようです。確かに屋台で購入したりんご飴をその場で食べようとすると、体温によって溶けた飴が口のまわりに付着、さらに唇や舌が食紅の色に染まり不快です。 その不快を解消する食べ方を提案します。その場で食べずに持ち帰りましょう。自宅へ戻り、普段りんごを食べる時のように包丁でカットして食べるのです。その際皮は剥きません。すると甘い飴の部分のパリパリとりんごの食感が絶妙です。ぜひ一度お試しください。

りんご7976の旬は秋から冬!

秋冬の代表的な果物と言えば真っ赤なりんご。 「一日一個のりんごで医者いらず」という諺があるように、栄養価に優れたフルーツです。 そんなりんごの美味しい見分け方は、全体が真っ赤に色づいているもの。 枝が干からびておらず、持ってみてずっしり感じるものを選びましょう。 リンゴ特有の香りが強いものを選ぶのもポイントですよ。 皮にはポリフェノールや食物繊維が含まれているので、よく洗って皮ごといただくのがおすすめです。