カットしたりんご7976は、こうして保存すれば変色しないし美味しい

カットしたりんごは、短時間にみるみると茶色に変色してしまいます。これを回避するには、幾つかの方法があります。 まず基本的な方法としては、切断面をラップで覆い、空気を遮断することです。りんごが茶色に変色する理由は、りんごに含まれるポリフェノールとポリフェノール酸化酵素とが、空気中の酸素に触れて化学変化するためです。空気を遮断すれば変色は止まります。とは言え、ラップで包む方法は必ずしも万全ではなく、どこからか侵入する空気で部分的に変色を起こしがちです。 塩水に漬ける方法は、基本的な方法であり、塩分で変色の化学変化を防止できます。ただし、この方法では、塩辛さが味として付加されてしまいます。若干の塩味は甘さを増すとも言われますが、若干とは言え塩味の付いたりんごを好むかどうかは、個人差があります。 オレンジジュースに漬けて保存する方法もあります。オレンジジュースに含まれるビタミンCが、抗酸化物質であるため酸化を防止し、変色も止めてしまうからです。塩水でなくオレンジジュースを使う場合、りんごの味に変な癖を付加しない点が優れています。りんごの味にオレンジの味が少し重なることになりますが、多くの人にとって、それは嫌な味ではありません。むしろ、美味しいと感じる人が多いです。

りんご7976が変色するのを防ぎたい。変色の原因と解決法は?

りんごはなぜ変色するのでしょうか。それはりんごに含まれるポリフェノールが原因。りんごが空気に触れると ポリフェノール酸化酵素が作用して変色を引き起こすのです。 だからりんごの変色を防止するには、空気に触れさせないか、ポリフェノール酸化酵素の働きを抑えればいいというわけですね。 よく知られているのが塩水にひたすことですが、りんごの味が変わるのが嫌という人も。 レモン汁をかけるのも有名です。その他にも砂糖水や蜂蜜水、炭酸水につけるという方法もありどれも効果があります。 試してみて、好みの方法を見つけてみてはいかがでしょうか。