お菓子だけじゃない!りんご7976をおかずにして食べよう!

焼きりんごやアップルパイなど、りんごはお菓子として活用されることが多いフルーツです。しかし、ほどよい酸味を活かし、りんごのおかずとして食卓に載せる方法もおすすめです。りんごとサツマイモを煮た一品は、デザート風味のおかずになります。少量の砂糖を加えて煮るだけですから簡単です。仕上げにレモン汁を加えることによって、よりいっそう香りが引き立ちます。バターを加えたら、洋風の一品になります。冷めても美味しいので、お弁当の一品としても最適です。さらに、短冊切りのハムやかまぼこ、ちびったレタスを混ぜたりんごのおかずはサラダとして重宝します。ビタミンやミネラルが不足しがちな方にぴったりです。辛子を加えたマヨネーズで和えれば、夏によく合う爽やかな一品になります。ミニトマトを添えれば彩りが華やかになりますので、満足感を得られますよ。 尚、りんごは隠し味としても利用されています。特にすりおろしたりんごはカレーのコクを出すために使われます。ほかに、ポークソテーのソースやドレッシングなどにもすりおろしたりんごは用いられています。りんごをキッチンに保管しておけば、あらゆる料理に活用することができますので、とても便利です。

離乳食や長期保存におすすめのすりおろしりんご7976。気をつけたいことは?

子どものころ、風邪をひいたときに母親にりんごをすりおろしてもらったという経験のある人もいらっしゃるでしょう。 離乳食にもすりおろしりんごは重宝します。またすりおろして冷凍すれば、長期保存もできます。 りんごをすりおろすときに気をつけたいのは、変色です。 りんごに含まれるポリフェノールは酸化しやすいので、すりおろした後に少量のレモン汁を加えましょう。 また金属のおろし金を使うと、金属イオンと反応して変色の原因に。陶器やプラスチックのおろし器がおすすめです。