美味しく長持ちさせるために!カットりんご7976の保存法

リンゴは一度カットしてしまうと表面が変色したり、食感がパサパサになってしまったりしますよね。けれどもリンゴ一個を一気に食べるのも大変。今回はカットリンゴを美味しく長持ちさせるためのコツについて、2点紹介します。まずはじめに変色を防ぎ、食感を守るための方法についてです。リンゴがパサパサにならないようにラップをかけて保存するのもいいですが、塩水につけて保存することで十分な水分を保ちつつ、変色を防ぐことができます。塩水の濃さはボウル一杯に塩ひとつまみ程度。あまり濃すぎない、薄めの塩水が最適です。次に、保存温度についてです。基本的に、リンゴはなるべく低い温度で保存する方が長持ちします。そのため、カットリンゴをそのまま食べるなら冷蔵庫の設定温度をなるべく低めに設定して保存するのが良いです。また、スムージーにしたり、ヨーグルトに入れたりして食べる場合は冷凍庫で保存するとより長持ちして良いでしょう。冷蔵した場合のカットリンゴの賞味期限は長くても2日程度であるのに対し、冷凍保存すれば最大1ヶ月程度保存することができます。ただし、冷凍するとシャキシャキとした食感は損なわれてしまうので注意が必要です。食べ方、用途に合わせて、適切な保存方法を選びましょう!

りんご7976を食べてアンチエイジングを実践しよう

りんごにはビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく含まれ、食べることによってさまざまな効果や効能を得ることができます。その中には便秘の解消や中性脂肪の抑制といったものがありますが、特に注目したいのがアンチエイジング効果です。りんごは切った断面が茶色に変色しますが、これは自身が酸化されることによって人間の細胞を酸化から守るという機能を表しています。このような抗酸化作用は美肌にも効果があると考えられています。